【徹底検証!】大人の青汁シトルリン桑抹茶のレビューと口コミ・評判は?最安値・激安・通販購入

赤ちゃんが欲しい方必見!大人の青汁は不妊に効果あり?

赤ちゃんが欲しい方必見!大人の青汁は不妊に効果あり?

 

 

不妊の原因には様々なものがあり、子供を授かりたいと願いながらも妊娠できないカップルは、世界的に見ると全体の10%いるそうです。

 

 

一方、妊娠を望むカップルが妊娠できる確率は、1年以内では90%です。

 

 

従って、赤ちゃんが欲しいにもかかわらず1年以内に妊娠しなかった場合は、不妊と言われています。

 

 

最近では1年たっても妊娠しない場合には不妊検査を受けるのが一般的になっていますが、35歳を超えると半年でも検査をしたほうがよいと言われています。

 

 

男性の場合不妊の主な原因は、造精機能障害(正常精子を作る力が不十分なこと)です。

 

 

女性の不妊の原因は、排卵因子、頸管因子、子宮因子、卵管因子など色々なことが考えられます。

 

 

それでは、不妊の原因は男性と女性ではどちらが多いのでしょうか?

 

 

WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、約24%が男性のみ、約41%が女性のみ、男性女性ともに不妊原因があるのが約24%、原因不明が約11%となっています。

 

 

 

 

不妊というととかく女性ばかりが注目されがちですが、こうしてみると男性にもかなり原因があることが分かりますね。

 

 

こうなると、男性でも女性でも何らかの対策をした方がいいということになります。

 

 

だからといって、いきなり病院に行って不妊治療を始めるのはあまりにもハードルが高すぎませんか?

 

 

経済的にも体力的にも、大きな負担がかかります。

 

 

そんな時には、まずは大人の青汁シトルリン桑抹茶を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

大人の青汁には、妊活時に大切な栄養となるマカやクラチャイダムをしのぐと言われている、スーパーフードの桑の葉を配合。

 

 

さらに妊活時に厚生労働省が推奨している、ビタミンの葉酸も配合されています。

 

 

妊活には、このような少しでも妊娠の確率を上げるサプリの摂取を続け、妊娠につなげていくことが大切です。

 

 

検査をしても何が原因で不妊になっているのか分からない場合もあり、現代の医療技術でも、不妊症はなかなか一筋縄ではいかないほど難しい問題でもあるようです。

 

 

 

 

・妊活に大切な役割をする葉酸について

 

 

女性は年齢を重ねるほどに卵子が老化して妊娠しづらくなるといわれますが、それと同じように、実は精子も年齢が上がると老化するのです。

 

 

卵子・精子の老化を防ぐためにも、葉酸は大切な栄養素である可能性が大きいのですね。

 

 

このことから考えて、大人の青汁は夫婦で飲むとより効果的。

 

 

厚生労働省では胎児の正常な発育のため、妊活中〜妊娠初期は640μg、妊娠中は480μg、産後は340μgの葉酸が必要だと言っています。

 

 

大人の青汁は1日2袋が目安で、1日あたり葉酸を200μg配合しています。

 

 

後は納豆、焼きのり、モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃ、ホタテ、ウニ、果物などからも葉酸が摂取できます。

 

 

しかし、食品に含まれている葉酸は約半分しか体内に吸収されないので、どうしても不足しがちになります。

 

 

そのため、大人の青汁のようなサプリメントで補うのが望ましいのです。

 

 

大人の青汁は無添加なので、継続して飲んでも安心です。

 

 

不妊を少しでも早く解消するため、また女性にとっては出産してからも授乳中や産後にも、必要な栄養がたくさん入っています。

 

 

早く赤ちゃんが欲しい人や不妊に悩むカップルには、大人の青汁シトルリン桑抹茶がオススメですよ。

 

 

興味のある人、試してみたい人は、下記のレビューも参考にしてみてくださいね。

 

 

大人の青汁シトルリン桑抹茶のレビュー